台南県の紹介

台南県の旗 台南県は台湾の南西部にある台湾最大の嘉南平野に位置し、東は阿里山山脈、西は台湾海峡を挟み中国大陸を臨んでいます。 台南県の人口は約百十万人、台南市の人口は約77万人です。

 台南は北回帰線の南に位置し、季節風の影響を受ける亜熱帯気候に属しています。 年間の平均気温は23.8℃。 最も寒い1月の平均気温は17.1℃で最も暑い7月の平均気温は29.0℃です。 冬には、中国大陸の寒気団が南下し、台南は10℃以下まで下がる日もありますので注意が必要です。

 雨は夏場に台風シーズンをむかえる為に極端に集中します。 また、日中に発生する上昇気流のため午後には雷雨となることが多いです。 冬は夏と反対に、雨が少ないです。

 台南市南部は商業の地として知られていますが、また、文化の町として台湾の歴史を語る上で忘れることが出来ません。 市内には古跡が立ち並び日本の京都に例えられています。

 台南は日本人八田興一によって建設された烏山頭ダムをはじめ、多くのダムを有し、「水の天国」とも呼ばれています。

 県内には31の市郷鎮(市町村)が、海浜、平原、山麓部にあり、それぞれが自然の美しさ、生態資源、文化資産を持っています。

 日本になじみの深い農産物としては、アップルマンゴーや胡蝶蘭がり、毎年3月に開かれる国際蘭博覧会には世界各地からバイヤーが訪れ、一般観光客もその優雅な姿を楽しむ事が出来ます。

 天候に恵まれているのでゴルフなど屋外スポーツやイベントが盛んなところでもあります。

■ 台南県の花・鳥・木

konan_resort

台南の花 -- モクセイ

台南の鳥

台南の鳥 -- レンカク

台南の木

台南の木 -- クスノキ

■ 産業

アップルマンゴ

農業:アップルマンゴー、サトウキビ、東山珈琲



工業:電子部品などのハイテク産業

  水産業:鮪

台南のプロモーションビデオです

前半は北京語、後半は台湾語でナレーションが入っています

 

プロモーションビデオ その2